棟板金とは…?

実は見積もりを作成している中で結構でてくる項目が何種類かあります。
本日はその中のひとつ、「棟板金」

棟板金とは、スレート屋根の一番尖った部分に被せる金属の山形の板のことです。

屋根のてっぺん部分の、一番高い出っ張っている部分です。

屋根の一番上のパーツになるので台風や飛散物によって結構壊れやすい部分です。
これがないと、そこから水が入ってきてしまったりと大きな雨漏りの原因になります。

関連記事

  1. 屋根塗装工事

  2. 自分でスグできる雨漏り修理(応急処置編)

  3. お客様の工事を見に行ってきました

  4. びわ湖1周 カイツブリ!

  5. 屋根修理調査

  6. 雨漏り修理の用語解説【保存版】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

対応エリア

閉じる